当サイトでは、よりよいサービスをご提供することを目的としてご利用の際に第一者または第三者Cookie(クッキー)を使用しております。閲覧を続けられる場合には、Cookieの使用に同意頂いたものとみなされます。

家族代々のプロジェクト

アルトマーニャ・チャコリーナ有限会社は1988年、チャコリ製造に関わる地域の伝統を復活させる目的で設立された「アラバコ・チャコリーナ(=アラバ・チャコリ職人協会)」の発足と共にスタートしました。農業企業として生まれたこの会社は、栽培システムを一本化し、生産ガイドラインを確立することを使命としていました。このガイドラインが後に、現在の原産地呼称(=デノミナシオン・デ・オリヘン)である「アラバコ・チャコリーナ(チャコリ・デ・アラバ)」となったのです。

原産地呼称地域最大の生産量

先任者であるエウヘニオ・アラバ氏より引き継ぎ、ウガルテとアラバの兄弟は土着種のブドウ、オンダラビ・スリを6ヘクタールの地に植えました。これが家族代々に渡るプロジェクトのスタートとなりました。その後、このブドウ畑は拡大し、現在の20ヘクタールもの大ブドウ畑となり、原産地呼称地域最大のブドウ生産農家となったのです。

2005年にアルトマーニャ・チャコリーナ有限会社は、最高級のチャコリを産み出すべく、独自ブドウの精製プロセスに最新技術を投入したワイナリーを建設、新たな時代の一歩を踏み出しました。

ruta-del-txakoli-logo arabako-txakolina-logo   Logo Euskadi Gastronomika p 2013 06 20 11 00 14 Calidad-Turistica-2